クレジットカード盗難保険の補償

クレジットカードには盗難・紛失で悪用された場合の保険が付帯されています。しかし、いかなる悪用も補償するものではありませんので注意が必要です。

盗難・紛失による悪用のうち、キャッシングは補償の除外とされています。これは、キャッシングをする際に暗証番号が必要だからです。クレジットカード会社では、暗証番号の管理や設定には十分注意を払うよう、促しています。

たとえば、暗証番号を人に教える、生年月日や電話番号などの類推可能な暗証番号にする、などは禁止されています。

ショッピングの部分についても、現在クレジットカード会社では、ICチップ付きのクレジットカードに切り替えが進んでおり、サインの代わりに暗証番号が必要になっていることから、近いうちにショッピングの悪用に関しても補償外となる可能性はあります。

紛失・盗難保険が適用されない場合

一番危険なのは、上記のように生年月日や電話番号などの類推可能な暗証番号を設定している場合です。クレジットカードは同様のカード類(免許証・保険証など)と一緒に持ち歩く場合が多いため、一緒に盗難にあったり、紛失したりします。

これが悪意のある人間の手に渡ると、生年月日や電話番号などを暗証番号と類推してキャッシングしようとします。クレジットカード会社の注意事項を守らずに、身分証明書から類推できる暗証番号を設定していて、クレジットカードが悪用された場合はまず補償の対象外になります。

身分証明書などから類推できないような暗証番号を設定していれば、ほぼ暗証番号が分かることはありませんので、悪用される可能性も限りなく低くなります。

通常の盗難でも、車にクレジットカードを置きっぱなしにして車上あらしにあったなど、クレジットカードの管理方法に問題がある場合は、保険がおりてもその過失の割合に応じて保険金額が減額される場合もあるようです。

【PR】クレジットカード機能付きで最大500万円

アコム

  • MasterCard®提携でショッピングも可能
  • 実質年率4.7%~18.0%で最大500万円の融資

<<「家族にクレジットカードを悪用された」|「クレジットカードの支払いが遅れて利用停止に」>>