親がブラックリストの場合のクレジットカード審査

親がブラックリストで、その子供がクレジットカード申込者となる場合、先述の夫婦のどちらかがブラックリストという場合よりは、クレジットカード審査に通る可能性は高くなります。

未成年か成年で差はあるか

これは、未成年・成年では区別なく審査がおこなわれます。

まず、子供がすでに就職していて親とはほぼ別生計の場合、よほど申込者本人に換金性の高い商品のクレジットによる購入や、キャッシング・カードローンなどの金融商品の申し込みが多くなければ問題はありません。そういった利用が多いと「夫(妻)がブラックリストでクレジットカードが持てない」で記述したように、親の代わりに子供がクレジットカードを申し込んでいるのでは、と疑われるからです。

ただし、家族で自営業に従事していて親がブラックリストだと、事業自体がうまくいっていないと判断され、申込者である子供に問題がなくてもクレジットカード審査が通らないことがあります。

定期収入がない子供の申し込みの場合

クレジットカードの申込者である子供が学生であったり、パートやアルバイトの場合は、上記の点のほかに支払能力があるかが審査に加味されます。

通常、親と同居している大学生などであれば、特に収入がなくても親からの援助が受けられていると考えられますので、限度額が少なめのクレジットカードを持てます。

しかし、親の経済状態がよくない場合は、それに変わる収入源をアピールしないと審査は厳しくなります。大学を卒業して就職すれば、定期収入が確保されたとして、親の信用情報が与える影響はほとんどなくなります。

【PR】クレジットカード機能付きで最大500万円

アコム

  • MasterCard®提携でショッピングも可能
  • 実質年率4.7%~18.0%で最大500万円の融資

<<「夫(妻)がブラックリストでクレジットカードが持てない」|「家族にクレジットカードを悪用された」>>