他社クレジットカードの遅れで別のカードも利用停止に

クレジットカード会社では、クレジットカード発行後も限度枠の見直しをおこなうために、定期的に信用情報機関を参照して途上与信をおこなっています。

複数のクレジットカードを所有している場合、うち1社で何らかの事情で延滞を起こし、信用情報機関に記録されたとします。途上与信のために信用情報機関を参照した別のクレジットカード会社は、自社のクレジットカードの支払いが遅れていなくても、利用停止にすることがあります。

もちろん、総合的な判断ですので1社での遅れで確実にすべてのクレジットカードが利用停止になるとは断言できませんが、信用情報機関に記録される延滞は軽微なものではないため、このままだといずれ自社のクレジットカードも延滞するだろうと予測するのが普通です。

これはクレジットカードに限らず、消費者金融やほかの金融商品においての情報も途上与信に加味されます。

「A社のクレジットカードでは遅れたけれど、そのほかにもクレジットカードがあるから大丈夫」などと考えてはいけません。信用情報機関に記録されるほどの延滞であれば、その情報が保有されている限り、新規でクレジットカードの申し込みをしてもほぼ断られます。

クレジット関連の支払いには十分注意しておくことが大切です。

【PR】融資額800万円までのカードローン

  • 実質年率3.0%~18.0%

<<「クレジットカードの支払いが遅れて利用停止に」|「クレジットカードで換金目的の買い物をして利用停止に」>>