クレジットカードの貸与は規約違反

クレジットカードの会員規約では、クレジットカードを人に貸すことなどは禁止されており、その利用代金はクレジットカード名義人が支払う旨が記載されています。

一般的に家族や親しい友人などから頼まれれば、ついクレジットカードを貸してしまう人が多いようです。

利用代金分を正常にクレジットカードの名義人に支払っていれば、規約違反ではあるもののトラブルになることはありませんが、何らかの事情で支払いが滞った場合は適切な処理をしないと、クレジットカード名義人自体の信用情報に延滞情報が記録され、何年にも渡ってクレジット利用に影響が出ることを覚悟しなくてはなりません。

クレジットカード会社に対して「自分が利用したものではないから」という言い訳は通用しません。そこで支払いを拒むと延滞情報が記録されることになりますから注意が必要です。

また、貸したクレジットカードが盗難・紛失にあって悪用された場合、クレジットカードを借りた人に重大な過失や故意がなくても、その利用代金はクレジットカード名義人が支払う義務があります。これは家族間でクレジットカードの貸し借りをしたときも同様です。

クレジットカードを貸した人が延滞したら

極めて初期の段階が対処すれば、被害額が少なくてすみます。まず、クレジットカードを返却させ、利用代金については自分が立て替えるなどしてクレジットカード会社に早急に支払います。

その後、クレジットカードを貸した人に対して借用書などを作成するなどして、利用代金分の支払い方法を決めておくとよいでしょう。クレジットカードを貸した人との人間関係にもよりますが、時間が経つと請求しにくくなる場合がありますので、延滞が発生した段階で、支払い責任を明確にしておくことが大切です。

【PR】クレジットカード機能付きで最大500万円

アコム

  • MasterCard®提携でショッピングも可能
  • 実質年率4.7%~18.0%で最大500万円の融資

<<「クレジットカードを融資詐欺犯に騙し取られた