配偶者がブラックリストの場合のクレジットカード審査

クレジットカードに限らず、ショッピングクレジットやオートローンなどクレジット関連の審査では、家族の信用情報が抽出される場合があります。クレジットカード申込者には信用情報に問題がなくても、家族がいわゆるブラックリストの場合、まったく影響がないとは言えません。

クレジットカード申込者本人の信用情報に基づく審査が基本ですが、家族のブラックリストがどのような場合にクレジットカード申込者に影響を与えるかを解説します。

夫または妻のどちらかの定期収入で生活している

簡単に言うと専業主婦(夫)の場合です。

まず、定期収入がある夫(妻)がブラックリストの場合、専業主婦(夫)がクレジットカードの申し込みをしても、ほとんどの場合審査が通りません。定期収入がある夫(妻)がブラックリストということは、その家庭の経済状態が悪いということですから、定期収入がない専業主婦(夫)の支払いが良いとは思えないからです。

逆に収入がない専業主婦(夫)がブラックリストの場合、定期収入がある夫(妻)が支払うべきなのにできていないということですから、同様に審査に通らない可能性が高いと言えます。

夫婦が独立した生計を営んでいる

では、共稼ぎの場合で夫(妻)がブラックリストの場合、どのように判断されるかと言うと、専業主婦(夫)の場合よりは審査は有利になります。ただし、無条件に審査が通るということではなく、申込者の過去の利用実績、最近の利用で換金性の高い商品のクレジットによる購入やキャッシング・カードローンなどの金融商品が多く申し込まれていないかなどが厳しくチェックされます。

これはクレジットカードの審査が通らない夫(妻)の代わりにクレジットカードの申し込みをしているのではないか、と疑われるからです。特に延滞中の債務がある場合はその疑いが強くなり、審査は厳しくなります。

それさえクリアできれば、少なくとも夫(妻)の信用情報が原因でクレジットカード審査が通らない、ということはありません。

【PR】融資額800万円までのカードローン

  • 実質年率3.0%~18.0%

親がブラックリストでクレジットカードが持てない」>>