クレジットカードを騙し取る融資詐欺

融資詐欺とは、融資をする気はないのに融資と引き換えに保証金を要求する「貸します詐欺」と呼ばれるものです。

消費者金融などで融資が受けられない多重債務者などが被害にあいやすく、保証金を支払っても最終的には連絡がつかなくなります。

通常は融資保証金として現金を騙し取る手口が多いのですが、クレジットカードのショッピング枠に目をつけた融資詐欺も少なくありません。これは多重債務者が現金を必要としているために、キャッシング枠は限度額一杯でもショッピング枠は残っている場合があるためです。

通常は現金を要求するところを「信用情報の状態を判断する」などの口実でクレジットカードの番号を聞きだしたり、融資詐欺犯へクレジットカードの郵送を指示したりします。しばらくして「予想以上に信用状態が悪く、融資できない」とあたかも信用情報調査をしたように連絡をし、ほかにクレジットカードがあれば次々と郵送するように要求します。最初から融資する気はありませんので「信用状態が悪いので融資できない」と最終的に融資を断ります。

その結果、所有していたクレジットカードのショッピング枠一杯まで悪用され、クレジットカード会社から請求を受けることになります。

クレジットカードの盗難保険は適用されない

詐欺の被害者であることに間違いはないのですが、クレジットカードの規約でクレジットカードの貸与や譲渡、担保提供することを禁じており、これに違反した場合は盗難保険は適用されません。

したがって、クレジットカードを自分の意思で融資詐欺犯に渡してしまった場合、悪用された分はクレジットカード名義人である自分が支払う義務があります。

そもそも通常の金融機関では、信用情報機関を参照すれば信用情報の状態はすぐに分かりますので、クレジットカードの番号やクレジットカード自体を融資の審査に使用することはありません。

融資実行前に保証金やクレジットカードの提供を融資の条件にしている業者は、完全に詐欺を考えてよいでしょう。

【PR】融資額800万円までのカードローン

  • 実質年率3.0%~18.0%

<<「クレジットカード現金化でトラブルに」|「クレジットカードを貸した友人が支払いを延滞した」>>