家族によるクレジットカードの悪用は意外に多い

クレジットカードの悪用は、何も盗難や紛失など他人によるものばかりではありません。意外に家族などの身近な人間によって悪用されることがあります。

「クレジットカードには盗難保険がついているから」と油断していると、かなりの損害を受けることになるので、クレジットカード自体はもちろん、その番号の管理も厳重におこなわなければなりません。

クレジットカードがずさんな管理になる理由

どなたにも経験があると思いますが、会社や知人の付き合いで入会したクレジットカードは、自分の意思で入会したクレジットカードではないために、メインに利用するクレジットカードにならないことがあります。

そのため、自分の財布の中などではなく、家族の目に付きやすいところに保管していることがよくあります。下手をするとそのクレジットカードを持っていることすら忘れている人もいます。

さすがにクレジットカード自体がなくなると気づく人も多いのでしょうが、インターネットによる通販やアダルトサイトなどのサービスを受けるには、クレジットカードの番号や有効期限などの情報のみが必要です。家族であればクレジットカードを悪用したあとに元の場所に返しておけば、請求書が届くまで発覚しにくいのです。

クレジットカードの盗難保険は適用外

被害が発覚してクレジットカード会社に盗難保険の申請をしても、まず保険はおりません。クレジットカードの規約には「会員の家族、同居人等、会員の関係者がカードを使用した場合はクレジットカードの利用代金を会員負担とする」と必ず記載されています。

よく「自分が使用したものではないから絶対に払わない」と開き直る人がいますが、支払いの義務はクレジットカード名義人にあります。支払わなければクレジットカードの利用停止、信用情報機関へ延滞情報が記録されることでクレジット関連の利用が不可能になる、という重い損害をこうむることになります。

対策

自分が利用したものではないからと言って、支払いをほうっておくと将来的にクレジット関連の利用ができなくなるため、まずはクレジットカード会社の支払いを済ませます。

その後はクレジットカードを悪用した家族と話し合い、自分に対して弁済させるのが得策です。万が一支払いが遅れても、信用情報に傷が付くわけではありませんから損害は軽くて済みます。

以後は使用していないクレジットカードは解約(退会)処理をしておき、利用しているクレジットカードは厳重に管理することが必要です。また、自分がどこのクレジットカードを所有しているかくらいは把握しておきましょう。不明な場合はCICや日本信用情報機構・KSCなどの信用情報機関で信用情報開示をおこなうとよいでしょう。

【PR】融資額800万円までのカードローン

  • 実質年率3.0%~18.0%

<<「親がブラックリストでクレジットカードが持てない」|「クレジットカードの盗難保険がおりない」>>