クレジットカード現金化業者の手数料は意外に高金利

クレジットカードのショッピング枠を現金化する業者の広告を、最近よく目にするようになりました。業者からほとんど実体のない商品をクレジットカードで購入し、キャッシュバックを受ける方法です。

この方法は違法ではありませんが、クレジットカード各社のWebサイトでは規約違反を理由に、利用を禁止しています。

これらのキャッシュバック率から金利を算出してみると、以下のようになります。

キャッシュバック90%でショッピング枠100万円を現金化するとして、手数料は10万円です。これを12回で支払うとすると、一般的なクレジットカードの分割払い手数料が80,400円となりますので、合計で180,400円となり、実質年率に換算すると、31.78%になります。

意外と高い金利負担になることをあらかじめ理解しておくべきです。

参考:実質年率とアドオンシミュレーションコーナー

クレジットカード現金化業者の詐欺手口

それでもまともに現金化されるならましなほうで、クレジットカード現金化を謳う業者の中にはかなり詐欺的な業者も存在します。

  • クレジットカードで換金性商品(DVDレコーダーなど)を購入させ、送らせる。色々と理由をつけ、現金を渡さない。
  • キャッシュバック率が当初の約束より著しく低い。
  • クレジットカードの番号を申告したが、「このカードは利用できない」などの理由で受け付けなかったにもかかわらず、後日限度額一杯までクレジットカードを利用されていた。

もともとクレジットカード会社で利用を禁止されている換金行為ですので、当然クレジットカード会社に相談しても手を貸してはくれないでしょう。被害にあえば泣き寝入りになる可能性大です。

【PR】クレジットカード機能付きで最大500万円

アコム

  • MasterCard®提携でショッピングも可能
  • 実質年率4.7%~18.0%で最大500万円の融資

<<「クレジットカードで換金目的の買い物をして利用停止に」|「クレジットカードを融資詐欺犯に騙し取られた」>>