クレジットカード会社にチェックされる換金性商品

換金性商品とは、新幹線の回数券などの金券類・パソコン・時計など、現金化しやすい商品のことです。

クレジットカード会社では、会員がクレジットカードでこれらの商品を、短期間に一定回数や数量以上購入した際は、アラートとして担当部署に上がります。これは、もともと盗難・紛失にあったクレジットカードでの買いまわりの被害を防ぐための装置ですが、盗難・紛失でなくても、会員本人に警告が入る場合があります。

人気ゲーム機をクレジットカードで繰り返し購入して転売していた人が、ある日突然クレジットカードの利用が止められた場合もありますし、新幹線の回数券をクレジットカードで購入したら、クレジットカード会社から電話がかかってきて、回数券が手元にあるかどうかを確認された、という事例があります。

当然のことですが、これらをクレジットカードで一切購入してはならない、という規約があるわけではありません。同じ商品を何度も購入していたり、キャッシング枠は天井張り付き、他社キャッシングやカードローンの利用が何件もある状態で、換金性商品をクレジットカードで購入したりすると、資金繰りのための購入と疑われる場合があります。

クレジットカード会社では、自社クレジットカード会員の多重債務化には非常に神経を尖らせています。そのため繰り返し換金性商品を購入しているのは、多重債務の一歩手前で、自転車操業をしているとみなして、クレジットカードを利用停止にしてしまいます。

換金性商品をクレジットカードで購入して転売しても、ほんの一時しのぎにしかならず、いずれは破綻する可能性が高いことを認識しておきましょう。

【PR】融資額800万円までのカードローン

  • 実質年率3.0%~18.0%

<<「クレジットカードで支払いが遅れていないのに利用停止に」|「クレジットカード現金化でトラブルに」>>