クレジットカードで公共料金などを支払う

クレジットカードの利用は、ポイントも付きますし、利用実績が付くことでオートローンやカードローンの審査が優遇される場合もありますから、積極的に利用したいものです。

ただし、当然ですが無計画ななクレジットカードでの買い物は生活が破綻してしまいますので、日々必ず支払わなければならない公共料金などをクレジットカード決済に変更して、利用実績やポイントを増やしていくことをお勧めします。

クレジットカードで支払える公共料金には以下のものなどがあります。

  • 電気
  • 都市ガス
  • 水道
  • NHK受信料
  • 自動車税

地域やクレジットカードによって決済できないサービス、ポイントが付かないサービスもありますので、クレジットカードを選ぶ前にクレジットカード会社や、各公共サービス会社などに確認しておくとよいでしょう。

クレジットカードで暮らし関連の料金を支払う

公共料金以外でも、日々の暮らしに関連する料金もクレジットカードで支払える場合があります。

  • 新聞購読料
  • 自動車税
  • 自動車保険
  • 生命保険
  • 固定電話料金
  • 携帯電話料金
  • 国民年金

国民年金の支払いについては、クレジットカードで支払う場合、口座振替による割引きが適用されず、現金納付と同額になりますので注意が必要です。ポイントが付かないクレジットカードを利用した場合、損をすることになります。

【PR】実質年率3.0%から16.8%のカードローン

オリックス・クレジット

  • 最高800万円の契約枠
  • 実質年率3.0%~16.8%

<<「クレジットカードの申込時にキャッシング枠を「なし」にする