クレジットカードの利用限度額は縮小傾向

クレジットカードの利用限度額は、多重債務防止の面からもそれほど高額にはなりにくくなっています。特にクレジットカードを複数枚所有している人は、1枚目に比べて利用限度額が低くなっている場合があります。

メインのクレジットカードを1枚だけ所有していれば、複数枚所有するよりも限度額は大きくなるはずですが、ポイントなどの特典がそれぞれクレジットカードによって異なるために、どうしても複数のクレジットカードを利用する必要がある人も多いのではないでしょうか。

海外旅行や高額な買い物でクレジットカードを利用する機会は、そうそう多くはないにしても発生することがあるものですが、一度の買い物で複数のクレジットカード決済に対応していない場合もありますので不便が生じてきます。

一時的に利用限度額を上げるには

クレジットカード会社では、クレジットカード会員が海外旅行や高額な買い物をする場合、一時的にクレジットカードの限度額の増枠をおこなっています。

利用方法は簡単で、海外旅行の場合は旅行の日程、買い物に利用するには店舗・商品・大体の価格などを、クレジットカード会社のコールセンターやサポートデスクに届けておきます。

クレジットカードの利用状況が遅れがちだとか、高額な商品や換金性の高い商品の購入が頻繁にあるとかの問題がなければ増額は可能になる場合がほとんどです。

【PR】実質年率3.0%から16.6%のカードローン

オリックス・クレジット カードレスVIP

  • 最高800万円の契約枠
  • 実質年率3.0%~16.6%

<<「クレジットカードの仮カード利用方法」|「クレジットカードの高額利用時に本人確認を省略する」>>