クレジットカードのキャッシング枠と総量規制

平成22年6月から施行される貸金業法の改正により、個人への貸し付けをおこなう際の返済能力調査が厳格化されています。これは消費者金融やカードローンによる融資だけではなく、クレジットカードのキャッシング枠も対象とされています。

急な出費が生じた際に「とりあえずクレジットカードを新規で作ってでキャッシングを」と、クレジットカードでの金策を考える人は非常に多いです。クレジットカードのキャッシング枠はショッピング枠に比べて少ないので、すぐに借り入れが枠一杯になります。そして次のクレジットカードを申し込んではキャッシングする、ということを繰り返して多重債務になってしまうのです。

クレジットカード会社もそういった事例を数多く見ていますので、キャッシング枠はかなり抑える傾向にあります。

希望キャッシング枠を「なし」にする効果

クレジットカードの申し込みには、キャッシング枠の希望を記入するようになっています。先述のとおり、総量規制の問題がありますので、キャッシング枠を希望する人は所得証明や自営業者であれば確定申告の写しなどが必要となります。

キャッシング枠が必要ない場合は「なし」としておくと、キャッシングによる多重債務のリスクが少なくなると判断されますので、所得証明などを用意する手間は省けますし、クレジットカード審査がやや有利になります。

【PR】1~500万円まで融資

プロミス

  • パート・アルバイトの方も申し込み可
  • 実質年率4.5%~17.8%

<<「クレジットカードの高額利用時に本人確認を省略する」|「クレジットカードを公共料金などで積極的に利用する」>>