自宅電話は必須の申し込み条件

クレジットカードばかりではなく、一般のショッピングクレジットでも自宅電話がない場合は即却下となります。

言うまでもなく、クレジットカードなどの割賦購入は、クレジットカード会社が商品代金を一時立て替えておくものですから、支払いがなされない場合は即督促が来ます。

自宅電話がないということは、クレジットカードの利用で未収金が発生しても連絡が取れないということですから、申し込みの段階で却下されます。

携帯電話と固定電話で差はあるか

最近では固定電話を設置せずに、携帯電話を自宅電話の代わりに使用している人も多いでしょう。

もちろん、自宅電話が携帯電話という理由だけでクレジットカード審査が通らないわけではありませんが、どちらが有利かと言えば固定電話です。理由は引越しの際にも携帯電話だけであれば手続きがほとんど不要ですし、番号の変更も簡単だからです。ひいてはクレジットカードの利用で未収金が発生しても、連絡を取りにくくなることが多くなります。

固定電話の設置や移転には工事も伴いますし、簡単に住居を変更する意思は少ないと判断されます。

クレジットカード会社の調査

クレジットカード審査では電話帳の検索データや、104の番号案内で申込人宅の電話番号かどうかの裏づけを取りますが、最近は迷惑電話防止のために電話帳に掲載する人が少なくなっていますので、104の番号案内もされない場合が多く、申込者または同居家族名義の電話であることの裏づけが取れません。

ここでも利用実績が役に立ちます。CICなどの信用情報機関には、本人を識別する情報として電話番号や住所が記録されます。そこで携帯電話・固定電話にかかわらず、実績として申込時の電話番号と一致すれば裏づけが取れたことになります。

自宅電話の対策

タウンページNETではNTT電話回線の場合、電話帳に掲載されない場合でも104での番号案内が可能と掲載されています。固定電話を設置しているものの、利用実績がまったくない人は一時的に番号案内をおこなうと審査がやや有利になります。

携帯電話しか所有していない場合でも、属性次第では大きな問題ではありませんが、クレジットカードよりは審査が通りやすいショッピングクレジットなどで実績を作り、携帯電話番号を記録させておくのもひとつの方法です。

【PR】クレジットカード機能付きで最大500万円

アコム

  • MasterCard®提携でショッピングも可能
  • 実質年率4.7%~18.0%で最大500万円の融資

<<「クレジットカードの属性審査‐年齢‐」|「クレジットカードの属性審査‐住居‐」>>