住んでいる年数からわかること

クレジットカード審査では居住年数から定住性を審査します。これも未収金が発生した際、簡単に転居しない人のほうが連絡が取りやすいですし、回収の見込みが高くなると考えているからです。

しょっちゅう引越しをしている人は生活が安定してせず定住性がない、と判断されます。

勤務年数とのバランス

とは言っても、遠方に転勤した場合などやむを得ない転居の場合も多々あります。クレジットカード審査では、勤務年数が長い場合、居住年数だけが極端に短くても転勤や出向したばかりで居住年数が短い、と判断します。

たまたま転職して勤務年数も居住年数も1年に満たない、という場合はある程度クレジット利用実績がないと、クレジットカードの発行はかなり厳しくなります。

クレジットカードの審査に通らなかった場合は、勤務年数と居住年数がある程度落ち着いてからクレジットカードの申し込みをするか、信用情報機関に記録されたクレジットカードの申込情報が削除されてから、少額のショッピングクレジットを利用して実績を積むとよいでしょう。

【PR】クレジットカード機能付きで最大500万円

アコム

  • MasterCard®提携でショッピングも可能
  • 実質年率4.7%~18.0%で最大500万円の融資

<<「クレジットカードの属性審査‐住居‐」|「クレジットカードの属性審査‐職業‐」>>