勤務先電話番号は在籍確認のため

クレジットカードの申し込みで勤務先の電話番号を記入するのは、申込者が実際にその会社で勤務しているかを確認する目的があるためです。

クレジットカード会社が申込者の勤務先に電話し、本人を呼び出します。このとき本人が電話応対をする必要はなく、電話に出た人から「席をはずしている」「会議中で取り次げない」などの回答があれば在籍確認が完了します。

逆に「そんな人はいない」「もう退職した」との返答であれば、即却下となります。

本人の帰宅が遅く、自宅で意思確認が取れない場合などは勤務先で在籍確認をかねて意思確認を取る場合もあります。

勤務先電話番号の裏づけ

クレジットカード審査では、在籍確認をするためだけに勤務先の電話番号を記入させているのではなく、その勤務先が実際に存在するのかどうかも審査しています。

企業なのにもかかわらず、電話帳や104の番号案内がないとかなり不審感を持たれます。

また、小規模の建築業などに勤務している場合、勤務先の電話番号は代表者の携帯電話のみというところもありますが、クレジットカードの審査ではほぼ通らないことが多いです。

勤務先が携帯電話のみという場合は事務所がないことも多く、経営的に不安定な印象を受けますし、未収金が発生した際には追跡が困難になるからです。さらに営業の事実が簡単に確認できませんので、クレジットカード会社としては却下せざるを得ないのです。車両を使った移動式の店舗などに勤務している場合も同様です。

【PR】融資額800万円までのカードローン

  • 実質年率3.0%~18.0%

<<「クレジットカードの属性審査‐職業‐」|「クレジットカードの属性審査‐勤務年数‐」>>