クレジットカードは「総合審査」

クレジットカードの審査は「総合審査」といわれています。クレジットカードを申し込んで審査に通らず、その理由をクレジットカード会社に尋ねた際に『総合的な判断により…』と、ちょっとぼかしたような言い回しを聞いたことがある人もいるでしょう。

これは多くの場合、信用情報機関や申し込んだクレジットカード会社に記録された延滞情報(いわゆる「ブラックリスト」)が原因である場合が多いのですが、それが唯一の原因でない場合もあります。

もちろん、延滞中の債務や貸し倒れなど、重度の延滞情報がある場合はほぼそれがクレジットカード審査に通らない原因になりますが、たとえばクレジットカード会社内に記録された延滞情報があるものの、かなりの年数が経過しており信用情報機関からはすでに削除されている場合などは、他に発行できる材料を探します。

例えば、

  • 勤務年数や居住年数が長い
  • 信用情報機関で他社の利用情報があり、その支払い状況に問題がない

……などがあります。

したがってクレジットカード審査は、居住年数や勤務年数が短いとか、勤務形態が正社員ではないといった点だけが審査に通らない原因ではなく、クレジット関連の利用実績などの信用情報と、申し込みの際に申告した居住年数や勤務年数などの属性をすべて勘案しておこなわれています。

クレジットカード審査を有利にするには

オートローンやショッピングクレジット、クレジットカードで延滞したことがないのに、なぜかクレジットカードの審査に落ちてしまう……、という人は少なくありません。

こんな人は知らず知らずのうちにクレジットカード審査に不利な属性や信用情報を構築していることがあります。以降で述べるクレジットカード審査のポイントを知っておけば、クレジットカードが発行されない理由が見つかる可能性があります。

改善すべきところが見つかれば、自分のできる範囲で属性や信用情報を改善していくことで、クレジットカード審査が有利になる可能性がありますので、ぜひチェックしてみましょう。

【PR】クレジットカード機能付きで最大500万円

アコム

  • MasterCard®提携でショッピングも可能
  • 実質年率4.7%~18.0%で最大500万円の融資

クレジットカード審査とブラックリスト」>>