賃貸と持ち家

クレジットカード審査や消費者金融などでは、住んでいる住居の形態を尋ねる項目があります。少し前までは持ち家(戸建・マンション)・アパート・マンション(分譲・賃貸)など細かい項目にわかれていましたが、最近では賃貸か持ち家かのみを訪ねるクレジットカード会社もあります。

クレジットカードの審査上、言うまでもなく持ち家のほうが有利となります。たとえ住宅ローンの残債があっても、クレジットカード審査にはほとんど影響はありません。これは未収金が発生しても、自己所有の住宅を放置して行方が分からなくなる場合がほとんどないためです。

賃貸の場合でも、社員寮などでは一般の賃貸物件よりも家賃が安く、その分可処分所得が多くなると判断されますし、社員寮を持っている企業はそれなりに規模が大きいと判断されます。

居住年数とのバランス

一般のアパートやマンションがクレジットカード審査に不利になるかというと、それほどの影響はありません。

持ち家よりは転居が簡単ですので、未収金が発生した際に転居されると連絡が取れにくくなるのは事実ですが、賃貸物件に住んでいる人はたくさんいるわけですし、クレジットカード会社もそれほど賃貸か持ち家かにはこだわりません。

クレジットカード会社が重視するのは、賃貸か持ち家かよりも定住性です。アパート住まいで居住年数が1年未満であれば審査は厳しくなりますが、それ以上の居住年数であれば持ち家か賃貸かはあまり気にしなくてもよいでしょう。

【PR】融資額800万円までのカードローン

  • 実質年率3.0%~18.0%

<<「クレジットカードの属性審査‐自宅電話‐」|「クレジットカードの属性審査‐居住年数‐」>>