信用情報機関の合併で審査が厳格化

以前は消費者金融が主に加盟している信用情報機関の旧全情連(全国信用情報センター連合会)や、信販会社や銀行が主に加盟しているCICなどがあり、一部分の延滞情報しか交流されていませんでした。

また、旧テラネットに加盟していた流通系のクレジットカード会社では、旧全情連に記録された消費者金融の借り入れ件数と残債のみが確認できていました。

しかし、旧テラネットが旧全情連の事業を承継し、日本信用情報機構(JICC)に社名を変更し、その後旧CCBと合併しました。それに伴い、信販系のクレジットカード会社や銀行系のクレジットカード会社でもJICCに加盟し、消費者金融の詳細な利用情報を参照することが可能になりました。

旧CCBに加盟していたクレジットカード会社などは、旧CCBに加盟していた一部の消費者金融の利用状況しか把握できませんでしたが、現在ではほぼすべての消費者金融の利用状況が参照可能です。

以前は旧全情連のみに加盟していた消費者金融の利用は、銀行系クレジットカード会社や信販系クレジットカード会社には参照できなかったため、消費者金融の利用がクレジットカード審査に影響することはそれほど多くありませんでしたが、現在では消費者金融の利用状況はすぐに分かるため、消費者金融での残債や件数が多い人はクレジットカードの発行がかなり困難となりました。

特に審査が厳しい銀行系のクレジットカード会社は、消費者金融の利用をかなり嫌います。属性や利用実績にもよりますが、旧CCBに消費者金融の完済の利用歴があっただけでも、審査が通らないクレジットカード会社があったほどでした。

申し込みの順番を考える

消費者金融の利用件数や残債によって変わってきますが、クレジット関連の利用実績がなく、消費者金融だけの利用歴ですとクレジットカード審査には不利になりますので、極力クレジットカードの申し込みを先におこないます。

すでに消費者金融の残債がある人は、完済させてから申し込みをおこなうようにするとより審査が有利になります。

クレジット関連の利用実績がない人は、ショッピングクレジットやオートローン(車検・修理費代を含む)などで実績を作っておくことも効果的です。

【PR】クレジットカード機能付きで最大500万円

アコム

  • MasterCard®提携でショッピングも可能
  • 実質年率4.7%~18.0%で最大500万円の融資

<<「クレジットカード審査とキャッシング残債」|「クレジットカード審査と申込件数」>>