クレジットカード審査では家族同居が有利

たとえば1人暮らしの人と、妻子と一緒に住んでいる人とでは、1人暮らしの人のほうが不利になります。これは例によって未収金が発生した際に、1人暮らしだと簡単に転居してしまい、連絡が取りにくくなるのに対し、家族持ちはそうそう簡単に転居ができないからです。

独身で親と同居の場合は、独身で可処分所得が多く、連絡が取れなくなっても親に尋ねれば連絡が取れることも多くなりますから、クレジットカード審査では妻子持ちの場合よりも有利になります。

また、親と同居の場合、万が一失業しても親が経済的な面倒を見てくれることが少なくありませんから、未収金が発生するリスクが少ないとも言えます。

申込者の年齢が30歳未満の場合、未収金が発生した際に連絡が取れなくなるリスクを回避するために、クレジットカード会社によっては実家を申告することが必要な場合もあります。

1人暮らしの対策

もしも他の属性面や利用実績が不安な場合は、実家に引っ越すという手もあります。そうなれば自宅電話が固定電話で申告できますし、親名義の家ならば住まいも家族の持ち家として申告できます。

逆にある程度の利用実績があり、居住年数・勤務年数が共に1年未満であるとかでなければ、1人暮らしでもそれほど不利になることはありません。

【PR】クレジットカード機能付きで最大500万円

アコム

  • MasterCard®提携でショッピングも可能
  • 実質年率4.7%~18.0%で最大500万円の融資

<<「クレジットカードの属性審査‐勤務年数‐」|「クレジットカード審査とキャッシング残債」>>