クレジットカードのキャッシングは審査に不利

すでにクレジットカードを利用していて、もう1枚クレジットカードの申し込みを検討しているとします。すでに所有しているクレジットカードでまったく遅れもなく利用していても、利用状況によっては新規のクレジットカード申し込みが難しくなる場合があります。

クレジットカードにはショッピングの限度枠とキャッシングの限度枠がありますが、消費者金融が発行するクレジットカード以外では、ショッピング枠よりもキャッシング枠のほうが少なく設定されていますので、ショッピングを主としたカードであるはずが、キャッシングメインで利用している人が少なからずいます。

1枚のクレジットカードで少額利用している分はそれほど問題はないのですが、その残債が限度額一杯の状態(いわゆる「天井張り付き」)ですと、以降の金融商品の申し込みは審査が厳しくなります。

もちろん、急な出費があって限度額一杯のキャッシングをしたとしても、順調にキャッシングの残高が減っていけば問題ないのですが、返しては借りることを繰り返しているといつまでもキャッシングの残高が限度額一杯の状態になります。

クレジットカード会社内の情報はもちろん、信用情報機関に記録された情報からもキャッシング枠に対しての残債が記録されますので、他社クレジットカードでのキャッシングもすぐに分かってしまいます。

その状態でクレジットカードの新規申し込みがあれば、生活に困窮してのキャッシング目的ではないかと疑われ、審査が厳しくなります。

クレジットカードキャッシング残債の対策

クレジットカードキャッシングの残債は、クレジットカードばかりでなく、融資などにも影響します。

必要な資金があれば、低金利の目的ローンなどを利用するなどして計画的に借り入れをすることです。何となくだらだらとクレジットカードでキャッシングを繰り返していると、クレジットカード更新の際に限度額を縮小されたり、新規の金融商品が利用できなくなる可能性も出てきます。

基本的にクレジットカードのキャッシングは短期返済が原則です。

【PR】融資額800万円までのカードローン

  • 実質年率3.0%~18.0%

<<「クレジットカードの属性審査‐家族‐」|「クレジットカード審査と消費者金融」>>