申し込みブラックとは

クレジットカードを初めて申し込む人の中に、3社ほどまとめて申し込む人がいます。決して悪気はなく、3社申し込んだうちの1枚でもクレジットカードが作れれば、という気持ちからなのですが、1社どころかすべて審査が通らない場合があります。

審査するクレジットカード会社からすると、生活資金に困窮していて資金繰りのために数社まとめて申し込んだのでは、と考えます。

これが俗に言う「申し込みブラック」です。こういった多重申し込みは、CICなどの信用情報機関に記録されますので、その情報が削除されるまではクレジットカードなどの審査にほぼ通らなくなります。

多重債務者は、片っ端からクレジットカードや消費者金融の申し込みをする傾向があるため、多重申し込みはどこのクレジットカード会社も審査が厳しくなります。

申し込みブラックはクレジットカードに限らない

多重申し込みの内容はクレジットカードの申し込みばかりではなく、ショッピングクレジットやオートローン、消費者金融の申し込みも考慮されます。

クレジットカードよりは審査が緩いショッピングクレジットでも、換金性の高いパソコンや腕時計などの申し込みが複数あれば、それが審査に通ったか通らないかは関係なく、クレジット関連の審査はほぼ通りません。

さらに厳しく見られる消費者金融の申込情報も同月に2件以上あればまずクレジットカードの発行は困難です。

これは仮に審査通ったとしても、多重債務になる可能性がかなり高いからです。あまりにも申し込みがひと月の間に集中していると、支払いに計画性のない人間だと判断されます。

申し込み情報は最長で半年間保有されますので、その情報が削除されてから申し込みしなおすことが必要になります。

【PR】1~500万円まで融資

プロミス

  • パート・アルバイトの方も申し込み可
  • 実質年率4.5%~17.8%

<<「クレジットカード審査と消費者金融